【大量運搬】ベールクランプとは

皆さまこんにちは。

群馬県高崎市でフォークリフト関連部品を設計、販売をしております株式会社ループです。

今回は【大量運搬】フォークリフト用ベールクランプとは?ということで

数あるフォークリフトアタッチメントの中からパレットいらずに大量運搬できる

ベールクランプを紹介して行きます。

今回の記事をご覧になって頂くことでお困りごとが解決出来るかもしれませんよ。

それでは行ってみましょう。

ベールクランプとは?

ベールクランプとはフォークリフトに装着するアタッチメントのことで

主に袋詰めされているものや紙類を運搬するときに役立ちます。

両側から対象物を挟み込み運搬出来るようになっており

クワガタをイメージしてもらうとお分かり頂けると思います。

クワガタの大きなハサミで挟み込むのと同じです。

余談ですがクワガタのハサミ、実はあれ顎なんですよ。知っていましたか?

ちょっと逸れましたがクワガタのようにがっちりと対象物を挟みこむことが出来るアタッチメント

それが「ベールクランプ」なのです。

伸縮の幅も調整が出来る為、様々な幅のモノを運ぶことが出来ます。

どのような業種やケースで使うの?

フォークリフトのアタッチメントは対象物に特化しているように「ベールクランプ」も

袋詰めされたものや紙類を運搬するときに特化しています。

古紙やペットボトルを回収リサイクルする業者が主に使う事が多く、

四角く圧縮してまとめて運ぶことが出来ます。

段ボール等もパレットいらずで両側から挟んで使える事が最大の特徴

段ボール箱に梱包する製品の持ち運びが多い業者様も重宝します。

パレットいらずで運搬が可能な為、パレットに段ボールを移し替える時間短縮に繋がったり

そもそもパレットが不要になる為、必要コストを下げられるかもしれません。

使用する事のメリット

1.時間短縮で人件費削減

ペットボトルや古紙、段ボールをまとめる際に人間の手でまとめなければいけない場面が多いです。

更には、製品を梱包したダンボールをパレットになんてことも。

段ボールを持ち運びするのに1つ1つ運ぼうとすると手間が掛かり大変です。

ベールクランプを使用すると一気に処理が出来る為人件費を削減出来ます。

2.パレットいらずで経費削減

ベールクランプを使用すれば各種パレットが不必要になります。

今まで、使うのが当たり前になっていたパレットを削減出来ます。

スペースの確保は勿論の事、消耗品のパレットも使わずに済むので様々な場面で削減が可能です。

3.丁寧な運搬で輸送リスク軽減

ダンボールに入れた製品を運搬する際に落下させたりしまって中身或いはダンボールを傷めてしまう可能性があります。

特に重量物の取り扱いは非常にリスクが高くなり、大変な作業になります。

ベールクランプの使用で輸送リスクを低減出来ますので綺麗な品質状態を保つことが出来ます。

フォークリフト関連器具販売 株式会社ループ

今回はフォークリフト用ベールクランプについてご紹介しました。

フォークリフトアタッチメントはベールクランプ以外にも様々なニーズに適した製品がありますので

フォークリフト関連でお困りごとがあれば是非、当社までご連絡下さい。

お客様のご要望に出来る限りご対応させて頂きますので宜しくお願い致します。

株式会社 ループ ホームページ loop-onmake.com

YouTube動画で製品動画も配信しておりますので併せてご覧下さいませ。

PAGE TOP